通夜の流れと葬儀をおこなう場所

通夜の流れと葬儀をおこなう場所 家族や関係の近い方が亡くなってしまうと、葬儀を考えていかなければいけません。一般的に考えていくと葬儀と告別式をおこなっていきます。一緒に考えられることもありますが、実は全く別物であることを知っている人は少なくありません。葬儀は遺族や親しい友人が中心になっておこなわれる儀式です。宗教的な部分でもあり、僧侶が読経することになるのが通常の流れになってくるでしょう。告別式は、社会的な部分での別れの儀式といえます。社会的な部分として、友人や知人が最後の別れをすることになります。別れをするという面では同じでも、立場や考え方が異なる儀式です。本来別々のものではありますが、時間を別に設けることは難しいこともあって、連続でおこなわれるようになりました。これが一般葬の流れでありますが、だんだんと通夜にだけ出席するといった流れも出てきています。儀式としておこなわれる時間帯の問題もありますが、もともとは親しかった人間以外は出席しないというのが通夜でした。

葬儀のことは、知っているようで知らないことがたくさんあります。なんとなく慣例的におこなっていることも多いでしょう。地域によって風習も違いますし、覚えておくべきこともいっぱいあります。葬儀をおこなう場所ひとつをとっても、実はよく知らなかったりするでしょう。一般的には葬祭会館や斎場でおこなっていきます。多くの設備も整っており、宿泊施設としても機能することが多いでしょう。かなりデザインの凝ったものまで出てきました。葬祭業者に依頼することで利用できることがほとんどですが、市など行政が運営している斎場も存在しているため、設備にも違いがあったりします。

檀家になっているときには、寺院で行うこともあるでしょう。本堂などを使って葬儀をおこなうこともありますし、別に施設を持っていることもあります。神社や教会も同じように利用できますが、基本的にその宗教や宗派で葬儀をおこなうことになるでしょう。

自宅でおこなうのは、本当に一般的なことでした。ところが、住宅事情が現代では異なり、なかなか行うことができない事情もあります。スペースもありますが、集合住宅となり、多くの人が入れないといったこともあります。そこで、別途場所を借りるというのが一般的でしょう。費用的には自宅が有効ですが、なかなかできないのも実情です。こうした知識を持っていることができれば、いざというときに対応もできるようになっていくのですから、知識は大切といえるでしょう。

最新ニュース